RAW現像と写真の表現について

 RAW現像と写真の表現について のお話。
こんにちは。フォトグラファーの高橋です。

今回はアルカシャナの写真の仕上げ方についてご案内します。
 

皆さんが普段パソコンやスマホで目にしている写真・画像の多くは“JPEG(ジェーペグ)”というデータ形式です。
JPEGデータは、そのカメラ本体の画像エンジンが撮影時の設定等を考慮して適当だと思われる明るさや色味に自動で仕上げ、比較的軽く閲覧しやすいデータになるよう調整されています。
今はカメラやスマホの性能が良くなっているので、この撮ったままのJPEGの状態でも、かなりきれいに写真が撮れますよね。
 

しかし、軽いデータになるよう調整する上で、実は目には見えない情報等がかなり削ぎ落されています。そうすると、後から色味や明るさを変えようと思っても、撮影者が手を加えられる幅が狭く、表現性が乏しく感じられてしまいます。
 
それに対して、アルカシャナでは“RAWデータ”というものを用いて撮影・作業しています。
“RAWデータ”とは“「生の・未加工の」データ”という意味です。
生という言葉の通り、JPEGデータのように圧縮されておらず操作できるデータの幅が広いので、細かく明るさ・色味・ノイズ感その他諸々、といった写真の様々な要素を調整できます。
 

とはいえ、RAWデータはJPEGに比べデータが重く、専用のソフト等をもっていないと閲覧ができないので、一枚一枚をRAWデータの状態で意図をもって調整・仕上げをし、最終的にJPEGに変換して納品しています。
 

画像の①と➁は、①がカメラにお任せのJPEGデータ、➁がRAW現像を行ったのちにJPEGに変換したデータです。
右上のキラキラした緑の写りこみが白飛びしないよう全体的に暗めに撮影していたので、RAW現像で人物が際立って見えるよう顔回り、着物を明るく調整しています。
また、逆に目立ってほしくない部分は少し暗くして、落ち着いた背景となるようにしています。
 

比べて頂くと、かなり違いを感じて頂けたのではないでしょうか?
このように、アルカシャナがご提供しているイメージ・着物のコンセプトにそって、また、撮影した時のシーンに合わせて色彩や光の表現を考えています。

その写真のどこを目立たせるか、どういう雰囲気にするか、肌のノイズ感を抜いて人物がより美しく見えるように。
意図をもって一枚一枚絵を描くような気持ちで仕上げを行ってから、お客様へお届けしています。

お問い合わせはこちらから